環境型セクハラについて思うこと





キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

環境型セクハラについて思うこと

宇崎ちゃん、かわいい。

この一言です。

宇崎ちゃんは
KADOKAWAから発売されている
「宇崎ちゃんは遊びたい!」の
登場人物です。


宇崎ちゃんは遊びたい! 3 (ドラゴンコミックスエイジ)

※リンク先でコミックスや
 電子書籍版を購入できます。

宇崎ちゃんのイラストが
日本赤十字社の
献血を呼びかける
ポスターに採用された所、
フェミニストの方を中心に、
「環境型セクハラ」ではないかと
言われるようになりました。

私はただの「絵」だと思いますし、
日本には表現の自由があります。

実在する人物ではないので、
宇崎ちゃんが胸が大きいことは
夢があること
だと考えています。

一方、フェミニストの主張の
「胸が小さい人に失礼だ」と
言うことも理解できます。

しかし、胸が大きいことを
商売道具にしている、
グラビアアイドルや、
セクシー女優の仕事を
制限することにつながり、
フェミニストが主張する
「女性の社会進出」の機会を
自ら無くす、矛盾した行動で
ある
ことに気付いて
欲しいと思います。

生物としてのヒトは、
サルから進化するとき、
女性のアピールポイントを
「お尻」から
「胸」に変化させました。

生物である以上、
子孫を残すことが目的ですので、
男性は女性の「胸」に魅力を
感じるのは自然なことです。

また、環境型セクハラについて、
男性にとってどうか考えた時、
現在、まだ残っているか
個人的に調べてみたいですが、
日本でも男性のシンボルの
お祭りがあったそうです。

あくまで学問としての
お話ですので、あまり
真に受けないでください。

それでは失礼します。

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】




※2019年10月24日現在の情報です。